千葉市で一番親切・格安なホームページ制作会社です。月々の管理費・維持費なし、制作費のみのご提案です。チラシ・カタログ・名刺なども承っております。

ホームページ制作|リアサポート| 千葉市の格安低価なコンサルティングデザイン事務所

SEO対策:今と昔のSEO対策の違い

公開日:2014年08月06日 カテゴリー:スタッフブログ タグ:

011
ウェブの世界は日々進化していってます。
少し前まで常識だったことが、明日には非常識になっていることもあります。
SEOでも同じことが言えます。

 

以前のSEOは「アクセス数が多ければ多いほどいい」「被リンク数が多ければ多いほどいい」と言われていました。
今は全く違います。

 

「アクセス数が多ければ多いほどいい」間違いではありませんが正解でもありません。

 

アクセスがあるのは良いことです。
ですが、検索結果一覧のリンクを延々とクリックするだけでは無意味です。
サイトを表示して、延々と更新ボタンを押しているのは無意味です。
「そのサイトを見よう」と思ってクリックした人のアクセスこそ、意味のあるアクセス数になります。

 

「被リンク数が多ければ多いほどいい」これも間違いではありませんが正解でもありません。

 

昔は「被リンクの数だけ」が重視されていたので、全くサイトと関係のないサイトからリンクが貼ってあっても問題ありませんでした。
ひどいSEO業者は、被リンク数を稼ぐために不健全なサイトからもリンクを貼らせたりしており、今になってそのしっぺ返しで要注意サイトとして目を付けられてしまっているサイトがたくさんあります。
今の「被リンク」は、リンクしているサイト同士に関連性があるかどうか、です。

 

そして、今のSEO対策で最も重要なのは、純粋に「いかに見やすいサイトか」「いかに情報量の多いサイトか」「なおかつその情報は有用な情報なのか」です。
つまり「サイトを見に来る人にとって、見やすく心地よく、必要な情報を掲載しているか」です。

 

SEO業者は今でもたくさんありますが、もし依頼をするならばしっかりじっくり見極めましょう。
サイトを作るところから始めるならば、「自分が載せたい内容」ではなく、「サイトを見に来る人はどんな内容を見たいと思うのか」をしっかり考えましょう。