千葉市で一番親切・格安なホームページ制作会社です。月々の管理費・維持費なし、制作費のみのご提案です。チラシ・カタログ・名刺・ロゴ制作なども承っております。

千葉の格安ホームページ制作は維持費・管理費なしのリアサポート

建設・土木業

建築業リフォーム業外壁塗装

建設業はホームページで集客に差が出ます

【建築】とは英語で言うと「architecture」であり、建築基準法によると「建築物を新築し、増築し、改築し、または移転すること」と定義付けられています。
一方【建設】とは、英語でいうと「construction」であり、これは建築物や道路や橋といった土木作業による構造物を作ることを指しています。
まとめると、『建設』は「土木」『建築』を含む大きなカテゴリーがあり『建設』の中に『建築』という分類があるということです。

「建設業」のホームページは、会社の技術と実績、信用をわかりやすく載せたホームページがお薦めです。特にエンドユーザー向け事業の場合は会社情報には力を入れて、施工実績写真にも一手間掛けて良いものを選びましょう。

施工実績は、企業のこれまでの実績を証明してくれるだけでなく、これから依頼したいと考える発注者が要望を叶える仕事をしてくれるか?その判断材料となります。
特に法人から依頼を受ける企業の場合、一度付き合いが始めれば継続的に発注がある可能性が高いため、選ばれる施工実績ぺージを意識して制作する必要があります。

 

自社の強みをアピールすることの重要性

ホームぺージを制作する、リニューアルするといった場合には、まずは会社の強みやアピールポイントを書き出してみましょう。
会社が得意としている仕事はなんでしょうか。自社のアピールポイントはどんなところでしょうか?
普段はあまり考えることのない自社の強みを選び出すことで、ホームページ上で見込み顧客に対して訴えかけるものが明確になってきます。
建築業はホームページで集客に差が出ます。

より豊かな空間やや社会基盤を作る土木業、建設業は、いわば街を作る職業といってもよいでしょう。
自社の強みをしっかりアピールすることは、発注者からの信用にも繋がっていきます。
元請けのなる場合、コンペによって仕事を勝ち取ることもあるでしょうが、プレゼンはもちろん、会社の信用性を得ることができるかが重要です。
ホームページがあることで、その信頼を得る大きなアドバンテージになります。
多くの職種でホームぺージを持つことが当たり前になっているように、建設業界でもホームぺージを持っていない会社は今やほとんどないと言えるほど増えてきました。これから大切になってくるのは、ホームぺージの内容です。

ホームぺージをしっかり作り込むということは、優秀な営業マンをインターネット上に配属しておくことと考えても大げさではありません。

施設、マンション、土木、公共事業、店舗など、自社が得意なもの、また、施工実績に載せる場合はそれぞれをジャンル分けしておくと親切なホームぺージでしょう。

ホームぺージで信頼を得るためのポイント

自社の会社情報の記載はいわずもがなですが、どんな企業から発注を受けているか、どんな会社から工事を請け負っているかは、一つ信頼へ近づきます。企業間での関係性などにも関わることがあるため出来れば記載をお勧めします。
使用している、また使用可能な機材や重機などの情報もあると良いでしょう。使用が推奨されている重機など、記載があれば、積極的にアピールすることで新しい仕事に繋がる可能性が上がります。
最先端の技術や自社にしかできない工事など、実績を交えてのアピールも、依頼したいという心情へ一歩近づけることができます。
工事中の写真も、時に参考にされる場合があります。工事にどんな機材を使っているか?部材や工具の取り扱いはどうか?判断の基準になることがあります。出来ればなるべく最新の写真、随時掲載するといいでしょう。

依頼企業がどんな情報を知りたいか、どうしたら発注したいと考えるか、想定して情報を掲載していきましょう。

ホームページを作る上で重要なポイント

土木建設業のホームページを制作する上で、施工実績はもっとも必要となるコンテンツと言えるでしょう。
通年求人募集を考えている場合、ホームページ内にリクルートページを作っておくのも有効です。
すぐに必要でなくても、いざ採用したいと考えた時、集客だけでなく、求職者へのアピールにもなります

・会社概要
・アクセス
・施工実績
・採用ページ
・お問い合わせ
・プライバシーポリシー
・サイトマップ

上記に加え、新着情報等の更新可能なページがあれば、最低限のホームページを作ることができます。
使用している建材や工法など、より詳しい説明ができるページなどの設置もオススメです。

ホームページは会社の看板でもあります。
看板が古く錆び付いたままだと信頼を失うのと同じで、手入れをしてあげないと無価値どころか負の遺産になってしまいます。

そのため、ホームページを安く作ってくれるからとか、知り合いに作れる人がいるからとか、制作先を安易に決めてしまうのはリスクがあります。
ホームページは作って終わりでなく、集客するための手段として作成してその後の運営をしていく上で反響が出ることを目標にしましょう。

制作中
制作中
メールでお問合せ 電話でお問合せ