SSL設定とは?

SSL設定とは?詳しく解説!

こんなSSL表示、見たことありませんか?

2017年から、Googleは「常時SSL化を行わないと保護されていませんとの表記が出ますよ」とアナウンスを始めていました。
詳しくはこちら
そしてついに、2018年7月から実際に、『保護されていない通信』という警告の表示が開始されています。
詳しくはこちら

「確かに表示は出てるけど、ホームぺージは見れてるし、よくわからないからそのままでいいや・・・」

ちょっと待ってください!
SSL化しないと、ホームぺージが表示されなくなるかもしれません!

常時SSL化(http://からhttps://に変更)しないと、どうなるのか…?

ホームページが正しく表示されない

Googleは混合コンテンツ(同じホームページ内にhttpとhttpsが混在しているホームページ)は段階的にブロックされ始めています。
詳しくはこちら
今後、httpのサイトは表示されなくなる可能性が考えられます。

検索順位が落ちる

常時SSL化されている=安全な接続であることの証明になります。
セキュリティを強化したいと考えているGoogleは、安全な接続が出来るホームページの検索順位を優先的に上げることを明言しています。
つまり、SSL設定を行わないと検索順位が落ちることが考えられます。

セキュリティ面にリスクが伴う

常時SSL化を行わないと、ユーザーに不安感を抱かせるだけでなく、Cookieの盗聴やサイトのなりすましなどが容易にできるようになってしまいます。
クレジットカード情報や住所等、知られてはいけない個人情報漏洩のリスクも伴います。
Httpsは暗号化された通信ですので、個人情報の漏洩リスクが軽減します。

表示速度が遅くなる

HTTPS通信は、HTTP/2という次世代プロトコルからレスポンス速度を速めるメリットを受けることができます。
ホームページの表示がなかなかされないことは、ユーザーに大きなストレスを与えます。
SSL化されていないホームページはHTTP/2がサポートされておらず、表示速度に違いが出てしまいます。

chromeはブラウザ利用シェア、NO.1!

常時SSL化されていないサイトへの注意発起の表示は現在Google chromeが最もシビアです。
「うちはchromeじゃないブラウザを使っているから関係ない」では済みません。
Chromeの利用率は今や業界No.1です!
ユーザーがchromeを利用している可能性は大いにあります。
もちろん他のブラウザでも、「保護されていません」という表示はされています。

FLOW常時SSL化のやり方

常時SSLのやり方はサーバーによって異なりますが、一般的には以下のような流れになります。

  • 常時SSL化STEP1 SSL証明書を購入する
  • 常時SSL化STEP2 SSL証明書の申請・設定を行う
  • 常時SSL化STEP3 公開中のホームページの「http」の記述を「https」に書き換える
  • 常時SSL化STEP4 httpからのリダイレクト設定を行う
  • 常時SSL化STEP5 アクセス解析ツールが必要な場合、設定を変更する

「何をどうしたらいいかわからない…」という方はリアサポートにご相談ください!!

常時SSL化設定代行¥22,000(税込)

多くの公的機関や銀行でもSSL化が進んでいます!

千葉県警察 千葉銀行

他社で制作したホームページの常時SSL化も承ります。
SSL設定だけでなく、ホームページのことならどんなことでもお問合せ下さい。

メールでお問合せ 電話でお問合せ