美容・エステ関連・美容室

ヘアサロンエステ・サロン関連更新記事のヒント

競争率の激しい美容業界で生き残るためには

ヘア

美容サロン業界全体(美容業、理容業、ネイルサロン、エステサロン、リラクゼーションサロンなど)の約半分を占めているのが美容業(美容室)です。
美容室は出店ブームが続いており、毎年、店舗数・美容師数ともに過去最高を更新する勢いです。
その一方で業界売上高は年々縮小してきており、開店後3年間の閉店率が9割に達するといわれています。

美容室は開業にあたっての店舗建物、設備、備品などの投資が比較的少なくて済むことから、参入するハードルが他業種に比べて低く、新規開業が容易であるため、必然的にオーバーストア化になりやすいのです。
続々と新規オープンする美容室がある一方で、美容師になる人の数は減少傾向にあり、人材と顧客、両方の面における競争の激化が進んでいることが伺えます。

これまでのように新規顧客獲得に執着するようなやり方ではなく、一人ひとりのお客様とのお付き合いを大切にして、確実にリピーターを増やすことが重要になってきます。
既存のお客様の来店回数を増やし、年間の売上増につなげることが目標となります。

特化型、またはトータルサロンが生き残りのカギ

ヘアサロンだけでは顧客のニーズに応えきれなくなったという観点から、「トータルビューティーサロン」への転換を図るサロンがここ数年増え続けています。
カット・パーマ・カラーといったスタンダードなメニューだけではなく、ヘッドスパやマッサージ・ネイル・フェイシャルなど、幅広い施術メニューによってお客様の来店を促します。トータルビューティーサロンの特徴は、各サービスの専門性の強化です。
専門のカウンセラーやネイリストなど、各技術のプロの連携がお客様との信頼関係を築くためのポイントとなっています。

カット
 

今後はいっそうこうした「多極化」が進み、「うちのサロンは○○が売りです」というサロンも増えていきます。
例えば・・・
・トリートメント・ヘッドスパ・育毛系などのプレミアムケア特化型
・1000円カットやメンテナンス系の低単価・高回転型
・カットやカラー専門店などの商品特化型
・メンズ専用ヘアサロン、託児ルームがあるなどのターゲット特化型
などが挙げられます。

美容業界の生き残りには、こうした自店の「セールスポイント」をどこまで顧客に伝えられるが重要な点になってきます。

サロンのホームページには常に新しい情報が必要

ヘアサロンやビューティーサロンなどの、美を意識した業種のホームページには、TOPのデザインは最も重要です。
ホームページがそのサロンのイメージを作ってしまうと言っても過言ではありません。

イメージカラーや雰囲気は固めておくことで、スムーズに制作会社に伝えることができます。

・サロンの情報
・メニュー
・スタッフ紹介
・予約システム(お問い合わせ)
上記の基本的なページに加え、是非ともオススメしたいのがブログの更新です。
ホームページ内のブログを更新しても、外部リンクで別のSNSに繋げても良いですが、人と人が特に近づく場所でもあるサロンは、人柄やお店のイメージがとても重要です。

「ここに行ってみたい」「この人にお願いしたい」と思われるためにも、ブログやSNSはマメに更新しましょう。

競争が激化する中、他社と差別化を図るために意識すべき要素とは何か

立地など店舗の利便性、規模、商品力、接客力、価格力・・・いろいろありますが、自社がどこで何を伸ばしていくのか、戦略を見直すために弊社リアサポートをぜひご利用ください。
数多くの実績を持つ私たちが、様々な知識でお客様のサポートをさせて頂きます。女性スタッフも多く、実際にサロンに行きたくなるような女性向けのキレイなデザインを得意としています。
特に、サロンの第一印象はホームページで決まってしまうといっても過言ではありません。
新規で出店をお考えの方やお店のイメージチェンジをお考えの方など、まずはお気軽にご相談ください。

様々なジャンルのサロンでも、共通する「美」に対する意識

メイク

美に対する意識が高い方は、男性、女性に問わず、年々増加していると言われます。
そのため、美を向上させるサロンを開業される方も、多くなってきました。
ネイルサロンやまつげエクステ、まつげパーマといったアイラッシュのサロン、フェイシャルやボディのエステサロンに眉専門のアイブロウサロンと、そのジャンルは多岐にわたります。

特に、脱毛サロンは男性向けのサロンが急増。

今や美を追求するサロンの利用は、女性だけのものではないといえます。

とはいえ、同じ美を意識しているからと、男性向けのお店と女性向けのお店、同じデザインのホームページで良いかと問われれば、疑問が残ります。
男性と女性では、感じ方が異なったり、求めるものが違う可能性があります。

狙うターゲット層を定め、そのターゲットに響くホームページを制作する必要があります。
特に男性はサロンに通うことに抵抗を持っている方がいるため、通いやすい環境であることや秘密は守られることなど、不安や疑問を払しょくできるようなホームページを心がげましょう。

自店の強みは存分にアピールを

様々なサロンの中でユーザーに選ばれるためには、他店との差別化をはかる必要があります。自店の強みをアピールし、リピーターになってもらうためにはどうすべきか?まずは強みを挙げてみます。
ホームページは既存客より、初めてお店を訪れる方にアピールするためのものです。
価格や店内の雰囲気、立地といった情報ももちろん重要ですが、リピーターを獲得するために最も重要なことは独自性でしょう。

技術や自店にしかない機器など、他店との差別化をはっきりと示すこと。
特に最新の施術や聞きなれない言葉はよく説明すると良いでしょう。

どんなに良い施術や機器、技術でも、具体的な効果や優れているところなど、理解してもらえなければ選択肢に入りません。
初めてのお客様にご説明するように、その魅力はどこなのか?どんな効果が得られるのか等、ホームぺージでしっかりご説明することで、リピーターになってくれるユーザーを獲得できる可能性がぐっとあがります。

ホームページがユーザーに与える影響を考慮して制作する

美容

ホームページを作ろうとなったら、イメージカラーは事前に決めておくと良いでしょう。
店舗の雰囲気に合わせたりロゴや店舗のイメージカラーがあるのであれば、ホームページもそれに合わせることをお勧めします。
色の与えるイメージへの影響は意外に強く、ターゲットに響くカラーをメインにすることで集客に繋がっていきます。
清潔感をアピールしたいなら白系、素朴さを演出したいならアース系など、色のイメージから自店をプロデュースしても良いでしょう。

また、写真は出来るだけ多いほうが良いです。

ホームページは特に、視覚的に訴える要素が多いツールです。写真は目からの情報が多いため、ユーザーへの印象付けに最も有効な手段の一つと言えるでしょう。

更に動画を掲載するという選択肢もあります。動画の場合、どうしても容量が多きため、サイトが重くならないように注意が必要です。
サイトが重くなると表示までの速度が遅くなり、SEOにも大きく影響が出てしまいます。
サーバーに直接アップロードするのではなく、YouTubeを埋め込む等、やり方は考えるようにしましょう。

ホームページの着地点は明確に

ホームページはただ作っても、狙った効果を手にすることはできません。

ホームページで問合わせが欲しいのか?予約が欲しいのか?自店のブランディングが目的なのか?求人のためのホームページなのか?着地点は明確にしましょう。

そして、その着地点にたどり着くためにはどんなページが必要か、何を掲載すればいいのかを考えていきます。
キャンペーンは等の情報はわかりやすく、目立つ場所に設置しよう、問合せのボタンは全ページから飛べるようにしようなど、少しずつ整理していきましょう。

美容・エステ関連 更新記事のヒント

※1000文字以上の記事を一つの目標としてみましょう。

※ネット上の記事をそのまま掲載すると、ホームぺージがペナルティを受け、最悪の場合表示されなくなってしまうことがあります。必ず記事はオリジナルの記事を掲載しましょう。

※ひと記事に多くの情報を詰め込む必要はありません。

※記事を訪れる方にとってためになる記事を意識してみましょう。

サロン 
 

  • シーン別ヘアアレンジのデザインや簡単アレンジ法などに関する記事

ドレスアップシーンに似合うヘアアレンジや普段からできるおしゃれなヘアスタイル、簡単にできるヘアアレンジの紹介など
 

  • 人気のヘアケア用品のレビューやオススメ用品の記事

プロがオススメするヘアケア用品のレビューやオススメ理由などの紹介など
 

  • 長く美しさを保つためのコツに関する記事

アイラッシュやネイル、ヘアなどのお手入れ方法や次回の予約まで美しさを保つためのコツなど
 

  • 似合うヘアスタイルやカラーの選び方に関する記事

輪郭別似合うヘアスタイルの選び方や、肌の色に応じたネイルカラーの選び方など
 

  • 肌のきめを整えるアイテムや洗顔法に関する記事

シワやシミを目立たなくさせるアイテムや洗顔、化粧水のつけ方など
 

  • ダイエットに良い習慣や食べ物、飲み物に関する記事

身体の調子を整えたり、痩せやすくする体操や習慣、食べ物や飲み物の紹介など
 

  • サロンに来る前に注意しておくべきことやアドバイスに関する記事

脱毛の前にしてはいけないNG行為やこんな時は施術はしないほうがいいというアドバイスなど
 

  • 今年のトレンドに関する記事

ヘアスタイルやネイルデザイン、カラーなど、今年の季節別トレンドの紹介など
 

  • 自分でも出来るプロの技の紹介記事

ネイルのデザインのアドバイスや前髪の簡単な整え方といったプロだから教えられる裏技など
 

  • 一般の方は知らない知識に関する記事

アロママッサージの詳しい紹介やパーマの種類、ネイルの形の名前の紹介など

 
更新記事は月に1~4回を目安に記事を書いてみましょう。
ためになる情報を公開していき、お客様が記事のファンになってくれれば、おのずと来客に繋がります。
SEO対策のためにも、更新を力をいれてみましょう。

SEO対策(検索上位表示)の基本

メールでお問合せ 電話でお問合せ