もう一つの検索エンジン、Bingとは?

公開日:2021年07月08日 カテゴリー:コラムと公論

Bing

  
 

Google、Yahooに続く第三の検索エンジン

「ググる」という言葉が浸透しているように、Googleで検索する方は日本はもちろんのこと、世界でも第一位となっています。
Googleがこんなにも多くの人に利用されるようになった大きな理由のひとつが、SEOの進化でしょう。
検索したキーワードを検索窓に入力することで、調べたい情報、知りたいことが検索結果として表示される。これは当たり前のことではなく、Googleの検索エンジンの進化によってもたらされた恩恵です。
スパムを排除し、独自のランキングで作成された検索結果と、膨大な対象インデックスを網羅するクローリング技術が、Googleを世界第一位に押し上げた要因と言えます。
同じく、検索エンジン国内第二位Yahoo、NiftyやGooも、Googleの検索システムを採用しています。

  
 

Bingはマイクロソフトが提供している検索エンジン

これまで、SEO対策はGoogleに対しての対策をご案内してきました。
target=”_blank” rel=”noopener” class=”more”>Google 初心者向けSEO
 
更新したブログが上位表示されるためのテクニック
 

Bingはマイクロソフトが提供している検索エンジンで、Windowsのパソコンに標準装備されているMicrosoftEdge(インターネットエクスプローラーの後継)のトップぺージに設定されています。
 
Bing
 

検索エンジンとしての精度はまだまだ悪く、日本ではGoogle、Yahooに大きく離されている検索エンジン第三位のBingですが、無視することはできない存在です。
BingはアメリカのYahoo!より利用者が多く、アメリカ版Yahooは検索エンジンのベースにBingを採用しています。まだまだ成長が期待できることもあり、日本でのシェアも拡大していく可能性があります。
なにより、Windowsに標準搭載されているブラウザのMicrosoftEdgeがデフォルト設定されていることから、継続して使い続ける方は一定数いると考えられます。

  
 

BingのSEO対策とは?

GoogleとBingは検索技術が異なるため、それぞれの検索結果が異なることは往々にしてあります。とはいえ、BingのSEO対策も、基本はGoogleと変わりません。
キーワードを織り込んだ、ユーザーに有益な情報を提供することが大前提となります。
加えてSNSのアカウントを連携させることで、評価されるといわれています。
また、Microsoftのウェブマスターツールを入れることでサイトマップの送信もしやすくなります。
 
Microsoft ウェブマスターツール
 
SEO対策には新着情報の更新が大きなカギとなります。
週にひと記事を目標に、更新してみましょう。

カテゴリー

新着記事

人気記事

タグ一覧

  • 制作の流れ
  • 月々の維持費・管理費0円
  • サービス内容
メールでお問合せ 電話でお問合せ